プリリジーによる早漏の治し方と自転車のリスク

自転車に乗っている男性自転車に頻繁に乗っている男性は、長時間にわたって肛門や前立腺などを刺激してしまうので不妊やEDのリスクが高まるとされていますが、毎日数時間も自転車に乗っていると、腰や太腿の筋肉が疲労するのでセックスの時間が短くなってしまったり、性欲が低下するなどの症状が出ることもあります。
自転車による不妊やEDの危険性については、多くの研究機関から指摘されています。
通常の使用方法ならば問題はないとされているので、EDなどのリスクはあまり高くはありません。
しかし、実際に男性器の血流が阻害される恐れがあるので、痛みを我慢して乗り続けるのは男性機能を維持するためには良くありません。
早漏は射精までの時間が異常に短くなってしまう病気で、早い人ではほんの数秒で射精してしまうので男性の不妊の大きな原因になっています。
この病気の治し方としては根本的な治療として認知行動療法などが行われていて、セックスや女性に対する反応を変えることで、緊張感や不安感を軽減して早漏の症状を改善するもので、この他の治し方としては薬によるものがありますが、亀頭に対して直接局所麻酔薬を含んだ薬をスプレーするものや、プリリジーなどの内服薬を服用する治し方があります。
プリリジーは男性専用の医療機関などで処方される薬ですが、日本では製造されていないので海外の製造メーカーから直接購入して処方されています。
価格は1錠あたり2000円ですが、SSRIの薬から開発されたものなので、射精までの時間を2分程度長くすることができます。
プリリジーはSSRIの薬なので脳内のセロトニン量を調節するので、飲み続けることで効果が高まり、24週間服用を続けると射精までの時間が3分以上長くなるとされています。