血液中に拡散して効果をもたらすプリリジー

性行為の際の男性の悩みとして、早漏とよばれるものが知られていますが、これは端的にいえば、性的な興奮が過剰になりすぎているために起きるものということができます。人間の脳のなかには、ノルアドレナリンとよばれる神経伝達物質が存在しますが、この物質が脳内で優位となって、収拾がつかなくなった状態が、早漏を引き起こしているということもできます。早漏治療薬であるプリリジーは、このことに注目をして、ノルアドレナリンという物質を抑制するはたらきのある、セロトニンとよばれる物質が脳内に十分な量だけ供給されるようにすることによって、極度の緊張をやわらげて、早漏にならないようにするわけです。プリリジーという医薬品は、経口タイプの錠剤となっており、自宅でも気軽に服用することができるというのがすぐれたところといえます。血液の中プリリジーを服用すると、まずは胃に入りますが、そこから血液の流れを介して体中に行き渡りますので、脳内にも当然に到達するようになります。このプリリジーは、正確には選択的セロトニン再取り込み阻害薬とよばれる種類の医薬品であって、脳内の使われなくなったセロトニンが、セロトニントランスポーターとよばれる物質に運ばれて吸収されるというはたらきを阻害する作用があります。そのため、結果として吸収されなくなったセロトニンが脳内にあふれ、セロトニン濃度が脳内で上昇することになりますので、ノルアドレナリンのはたらきのほうも抑制されて、早漏に効果があるというしくみになっています。このプリリジーについては、性行為がはじまる1時間程度前までに服用をしておけば、以後長時間にわたって早漏防止の効果が持続するとされています。